この人に出会うために離婚したのかも…15階級以上遠回りしてやっと見つけた「真実の他人」

バツイチ子持ちの30代。離婚してからも家内は途切れることはありませんでした。今の彼氏と出会った間は、9つ年下の彼氏と付き合って10ヵ月ほどになろうとしていた間だ。
銀行のATMに並んでいたときの業者。「あれ?M(私のタイトル)じゃない?」という声がどこからか聞こえてきました。振り返ると、中学校の同級生で私の初恋のヒューマンが立っていました。卒業して15年代限りも経っていても相変わらずのカッコよさで、その場はたわいも無い講話をし、電話を交換して終わりました。
のちのち食事に行くことになり、昔の講話などで盛り上がっていると、突然彼氏が「銀行で会ったシーン、やっと見つけたと思った」と言われました。彼氏は一目で、ボクが“真実のヒューマン”という第六感が走ったと言います。いろいろ付き合ってきましたが、こんなことを言われたのは暮らしで初めてで何とも言えない損傷がボクに駆け抜けました。近頃、付き合って要るヒューマンがいることを伝えても、「待つよ」と言ってくれ、私もこの人を逃したら真実のヒューマンには出会えないかもと思い、年下の彼氏は別れて今の彼氏と付き合うことになりました。
成婚となると、ステップ家庭になるので、いろいろトラブルはあります。それでも、ボクは彼氏の遺伝子を残さなければという意気が著しいので、昔成婚狙うだ。彼氏も初めて成婚したいと思ったようで、これから2人でプロセスを乗り越えて真新しい親子を築いていきたいと思います。https://www.xn--n8j9k5btbyh9bxh7316bxuepx0i.com/